形稽古

形稽古の意味

形稽古では、乱取りのための基本となる形を中心に、古流の形を含めて多数の形を反復し、その習得を目指します。

技術上の優位に立つために、細分化すれば何百とある合気道の技の形を修練します。しかしながら、たくさんの形を覚えること自体に意味があるのでなく、その多くの形から相手を投げるための根本的な要素を掴み取ることが大切です。

そして、そのたくさんある形のすべてを乱取稽古や乱取競技(乱取稽古等)で試すことはできません。乱取稽古等にはルールがあり、そのルール内で許される範囲内でのみ試すことができるからです。この意味で、乱取稽古等においては「かたちの真剣」が得られません。形の根底にある投げの要素を抽出し、ルールの範囲内で表現することができたなら、それこそが合気道乱取競技となります。

受け身

形稽古と乱取稽古双方で、投げられたときに致命的な怪我を負わないために受け身は重要です。倒れ方、転がり方の技術を身につけるために、まずは形稽古の中で「後方受け身」や「側方受け身」など数種類の受け身を覚える必要があります。

受け身のための技術や体力が不足していると、転がることが億劫になり、つい相手の技に抵抗して、形稽古で求める結果を得られないこともあります。一通りの受け身を体得することは、乱取稽古に移行するための一つの条件となります。

基礎の習得と技分類(基本の形)

動き方の基礎を習得するにあたって、一人で行うことのできる「運足」、「手刀単独動作」、「受け身」等を稽古した後、相対動作(二人で稽古する形)として「手刀合わせ」や「掌底合わせ」を行い、「乱取基本の形17本」を稽古していきます。次に 「乱取基本の形17本」 における技の分類を紹介します(当クラブの形の稽古範囲については、こちら)。

1.当身技(1本目から5本目)

 正面当て、相構え当て、逆構え当て、下段当て、後当て

2.肘(関節)技 (6本目から10本目)

 押し倒し、腕返し、引き倒し、腕捻り、脇固め

3.手首(関節)技 (11本目から14本目)

 小手捻り、小手返し、転回小手捻り、転回小手返し

4.浮技 (15本目から17本目)

 前落とし、隅落とし、引き落とし